JavaとSpringFrameworkを使った今、現場で使われている技術を最速で学ぶ実践コース

業務系で使われることの多いJavaですが、近年ではOracle社が力を入れており、モダンな言語の要素を取り入れ大きな変化が起こっています。昔は起動速度や冗長なコードが流行りの言語に及びませんでしたが、今ではWeb系の言語とも引けを取らない速度で開発が出来るようになってきています。JVM言語と呼ばれるScalaやKotlinも存在し、応用の利く言語となっています。そんなJavaを同じく今現場で使われているSpringFramework(SpringBoot)を用いたWebアプリケーション開発を行いながら実践的に学べるのがこの単体コースです。

こんなあなたにオススメ

  • プログラミングや業界での経験はあるが、技術力不足を感じている
  • 現場で通用する技術を基礎も含めて学び直したい
  • 現役エンジニアのメンターが欲しい
  • 1人で学ぶのが苦手だから、学習をサポートして欲しい
  • エンジニアとしての市場価値を上げて、単価を上げたい。転職したい

単体コースって?

RaiseTechのコースは大きく分けてフルコース単一コースの2種類があるんだ。フルコースは未経験から現場で通用するまで。単体コースは既に経験はあるけれど、更に自分の価値を高めたいという人に向けたコースなんだよ。

RaiseTechの単体コースの特長

プログラミングだけじゃない。
現場で通用するカリキュラム。

現場で通用するにはプログラミングだけでは足りません。それ以外の周辺技術が必要になります。それを教えます。

現場で役立つことだけを。
現役エンジニアが講師です。

徹底した現場主義を貫くために、現役エンジニアのみが講師をつとめ、現場で求められることに注力しています。

開講から修了後までしっかりと。
挫折しないサポートをします。

個々人に応じたチャット、ビデオ通話、マンツーマン、補講といった様々な手法を使って、挫折しないようにサポートします。

お申し込み後の流れ

コース内容に含まれるもの

  • 現役エンジニアによるオンライン授業(8回)

    案件数が豊富なJavaの基礎から応用、現場で必要な周辺技術まで網羅した内容をオンラインのライブ授業で身につけていただきます。

  • オンラインサポート

    期間中は講師への質疑応答は無制限に加え、チャット、ビデオ通話、マンツーマン、補講といった各種手法で徹底的にサポートします。

  • 修了後サポート

    当スクールより運営会社のプロジェクトを始めとする様々なお仕事をご紹介致します。

受講料金

受講料
¥189000(税抜)
学割価格
¥98000(税抜)
授業回数
全8回(週1回 / 1回あたり120分)
オンライン質問対応
10:00 ~ 24:00(月曜日 ~ 日曜日)

★早割…開講月のふたつ前の月のうちに本申し込みした方は表示価格から10%割引!(学割との併用はできません)
例:4月に開講する講座であれば2月28日まで

※講座回数は補講の回数によって増加する場合があります。
※講座の時間は質疑応答の量によって、前後する場合があります。
※オンライン質問対応は講師の都合により変動する場合があります。
※単体コースにはトライアル受講が付きません。

開校日程

09/05(木) ~ 10/31(木)
募集を締め切りました。
10/03(木) ~ 11/28(木)
毎週木曜 20:00 ~ 22:00
11/07(木) ~ 12/26(木) 早割
毎週木曜 20:00 ~ 22:00

※講座内容はオンライン上で閲覧可能なように全て録画されます。
※講座の開催時間は受講者の都合に合わせて、変動する場合があります。
※講座は講師の業務都合などで日程変更する場合があります。
※単体コース講座は5名以上集まらない場合、次月に順延を行う場合があります。
※順延の場合、受講者は自動的に次月に振替られますが、キャンセルも受付ます。その際には全額返金を行います。

参加条件

  • (必須)MacかWindowsのPCを持っている
  • (必須)PCの基本的な操作が問題なくできる
  • (必須)プログラミング、またはIT業界での現場経験がある
  • JavaまたはJava以外のプログラミングの実務、学習経験がある
  • 期間内に必要な学習時間(80時間程度)を確保出来る

Javaフレームワークコースのカリキュラム

WEBアプリケーション開発と自動テスト

第1週作成するCRUD処理を持つWEBアプリケーションの仕様策定と開発の開始。利用するフレームワークやライブラリ、構成管理ツール、開発手法の説明。
第2週WEBアプリケーションの開発。テーブル設計。環境整備。初期表示と一覧検索。
第3週WEBアプリケーションの開発。新規登録、更新、削除。
第4週JUnitを使った自動テストの作成。アプリケーションのリファクタリング。

画面の自動テストとCI/CDの実現

第5週Selenideによる画面自動テストの実装。
第6週ローカル環境でJenkinsを使ったCIの実現。
第7週アプリケーションにREST APIなどの機能追加。
第8週CIからCD。自動デプロイの実現。

習得/学習できる技術の一覧

開発知識

DevOpsや自動化に対する知識と理解(CI/CD)

  • Jenkins
  • 自動テスト

構成管理ツールに対する知識と理解及び実践経験

  • Maven
  • Gradle

周辺技術としてのフレームワーク及びライブラリの知識と経験、実践経験

  • Spring
  • Thymeleaf
  • MyBatis
  • JPA
  • Apache Commons

テスト

自動テストに対する知識と経験

  • JUnit
  • Selenium(Selenide/FluentLenium)

テスト手法に対する知識と経験

  • ブラックボックステスト
  • ホワイトボックステスト
  • 境界値テスト

安心の制度ではじめてみましょう

受講するコース必須
ご希望の受講開始日時必須

※早割(10%)適用対象は現在の月からふたつ後の月以降開講の講座です。学割との併用はできません。
学割の適用
学割に必要な書類を添付してください
×
※学割適用をご希望の場合、受講者ご本人の学生証(表面・裏面)のスキャンデータを添付してください。
お名前必須
お名前(フリガナ)必須
メールアドレス必須

※正しく入力しないと、今後のご案内のメッセージが届きません。よくご確認ください。
弊社のプライバシーポリシーに同意する必須
当サービスの利用規約に同意する必須